お知らせNEWS

処方箋の一般名処方について

2019年2月4日

みなさんこんにちは。

当店では処方箋の受付も行っております。

小樽市内お近くの医療機関から、札幌の病院まで幅広く受け付けており、先月では100以上の医療機関から応需しておりました。

 

さて、処方箋には薬の名前が記載されており、それをもとに薬局では調剤を進めるのですが、

このような記載をご覧になったことはないでしょうか?

 

【般】ロキソプロフェンNa 錠 60mg  1錠

疼痛時 10回分

 

この【般】~~と記載されている場合は一般名処方といい、お薬の成分の名前が記載されています。

この処方箋を受け取って調剤する場合は、先発医薬品という、もともと販売を行っている製品か

後発品=ジェネリック医薬品と言われ、主成分が同じでお薬代が安く済む製品のどちらかを

選びお渡しすることになります。

上記の例ですと

先発医薬品:ロキソニン錠60mg

後発医薬品:ロキソプロフェン錠60mg「~~」

※「 」の間には主に販売するメーカー名やその屋号が入ったりします。

 

当薬局では初めて処方されたお薬に関して、一般名処方でしたら、患者様にどちらかご希望かを確認の上調剤いたします。

主成分は同じですが、外用薬(湿布や軟膏・クリームなど)の場合は主成分が同じでも各ジェネリックメーカーが使い心地や貼りやすさ・剥がしやすさなどを工夫して

製造している場合がございますので、使用時に今までと違う感じがあるかもしれません。

一度後発医薬品に変更しても次回の処方で先発医薬品に戻すことも可能です。

また、もともと後発医薬品の名前を処方箋に記載されている場合は、他の後発医薬品メーカーのものに変更することは可能ですが、

先発医薬品をご希望する場合は処方医師への確認が必要ですので、ご不明な点は処方箋受付時にご確認下さい。